良い本と出合う【空手と禅 著者 湯川進太郎】

JUGEMテーマ:日々のくらし

久々に空手の本を読みました。自宅には空手の本が大量にあります。空手の本の特徴はゝ蚕儔鮴皚空手の歴史N派の流儀ざ手の健康法ザ手家の自伝、等やと思います。今回読んだ本はい剖瓩い隼廚い泙后私が空手を指導するときに必ず言う事は「空手は一人で稽古するもので人が多いと競争が始まる」これはある程度は空手の稽古を積み師匠から離れてからの話です。もう一つは「流派を伝えるなら一人の弟子のみ」そして「型は禅で修行のようなもの」と言っています。他にも色々ありますが詳しくは全て以下の本に書かれていました。私が常々思う空手とは何かをばっちり書いてある本は初めてです。読みながら著者の先生に会いたくなりました。【空手とは何か】=流派の数×各流派の会員数。ありますので人生をかけて各自が楽しめば良いと思います。