しっかり稽古を積む

JUGEMテーマ:日々のくらし

数日前に突然の知らせが入りました。お世話になった先輩が亡くなられた連絡です、大道塾の昇級審査時にお会いするだけで直接稽古を付けてもらえる機会はありませんでした。それでも私の中に思い出があります。何かと言いますと常に笑顔の先輩でした。審査会では多くの方々がいる中、私の組手がある時には必ず耳元でささやいて御指導を戴いていました「中岡さん審査は試合とちゃうから前に出続けないとあかんで、下がったらあかんで」そして組手が終わると「中岡さん強なったなぁ〜」と満面の笑みでお声掛け戴く、私の中でその記憶が強く残っています。そうです先輩はいつも笑顔でした.....思えば12月の昇段審査の時に会場に来ておられなかったので珍しいなと思っていました。でも御指導を戴いていた様に前に出続けました。これからも私の中で精神をしっかり受け継ぎ稽古を積み上げて行きます。先輩ありがとうございました。ご冥福をお祈り申し上げます 押忍。