稽古は自分から

JUGEMテーマ:日々のくらし

今月の空手の指導と稽古は自分の体調不良で一回休ませて戴きました。自分が空手を稽古する場として細く長くを心がけています、無理せずに継続出来るように。指導させて戴いている方々には空手技の身体の動かし方は毎回言っているので、基本技は一人で積み上げていってもらいたい。私は自宅で動かせる部位の筋トレをしていました。昔に通っていた空手道場で来るたびに前回の事を忘れまた初めから指導するという場面はよくありました。人によってはお金を払っての習い事なのでどのように利用しようが勝手だろうと、逆もしかり。時間とお金の使い方は価値観で決ります。私の場合はできるだけお金と時間を無駄にしたくないタイプなので違和感はありました。私が主催する空手道場は無料です、空手を自分の武道として日常の中に取り入れていってもらいたい。空手競技として捉えると敵は自分と他者になります、競技をしないのであれば敵は自分自身。始めようと思ったきっかけが何だったかによるのでしょう。競技空手をしても対戦者は自分の鏡で競技も稽古の一環だと思う、そこまで達観出来れば目標なんて事も考えなくて稽古を淡々と積めるのでしょう。私には二面性があるのでいつか一つになりたいと思っています。

スポンサーサイト

コメント