いよいよ12月

JUGEMテーマ:日々のくらし

今年もあとわずかになりました。年始に立てた目標は達成できたのか?時間を無駄にせず生きれたのか?年末に近づくと毎年思います。本日の金曜日は空手の稽古日、空手の稽古は型が中心です。フルコンタクト空手でも空道でも伝統派空手の型は役に立ちます。突き→パンチ、呼吸→リズムは共通しているので三戦・転掌・四向戦は良い稽古になります。他にも型はありますがとりわけ左記の型はフルコン系には必要だと感じています。空手関連の記事ではナイハンチがどうとか十三手(セイサン)がどうとか言っていますが私は分かりません。ナイハンチは流派が違うので稽古した事がないし、セイサンは好きですが流派で型が違ってきます。型を誰に教わったか?は空手家にとってかなり重要です。私の場合、習った先生が習った先生の型を改変して伝えているので後に自分で研究する中で掘り起こすのに苦労しました。そこが空手の面白いところだと思っています。空手の12の型(三戦・転掌・撃砕一.二・砕破・三十六手・征遠鎮・四向戦・十八手・十三手・クルルンファ・スーパーリンペイ)いっぱいあります。私の場合は全部できますよ〜程度。生涯で一つか二つを極めれば良しとしなければ型は役に立ちません。役に立つ、立たないも修練者によりますが私は空道にです。空手の型は呼吸と身体遣い、沢山しっていてもあまり意味がない。

スポンサーサイト

コメント