毎日自主トレ

JUGEMテーマ:日々のくらし

武漢肺炎により日本どころか世界の経済活動も停止し、個人の社会活動と趣味さえも失われました。閉鎖した仕事場の時間は止まり、日々の喧噪がなつかしく思います。趣味の空手も空道も自主トレをする毎日です。毎日少しでも稽古する、今は初心を試されている期間だと感じます。小学校の頃に戦争を知らない子供たちを歌わされましたが、新しい形の戦争を体験している状態です。いつ平穏が戻るのか?来年にオリンピックは開催できるのか?先のことより今をどう生きるかを考えたい。人によって違うのでそこは各自で。私は仕事と趣味です、とりわけ趣味の比率が上回ります、例えば空手、クルルンファ(久留頓破)を昼間にやりまくって疑問ばかり出てきて夜に本や動画を調べ倒しました。少し解決しました。私が覚えている型は教えて戴いた先生の型です、そもそも先生も教わった型を改変している、世間的には知られていませんが空手の型にオリジナルはありません。なぜなら脈々と口伝で現在に至り、技や型を受け継ぐ事になった先生の性格、体格によって改変されてきたのは事実です。私も空手に関しては独立して自分の責任で研究し稽古し指導しているので自分の理解で稽古しないと納得いきません。武道を歩む精神修養や教育面は普遍的です。しかし格闘の部分では「良い技を使う人がいたらまず真似をする、理解してから自分の動きに改良しないと使えない」を根底にしています。クルルンファは空手(剛柔流)の特徴的な技がよく出てきます、私にとっては魅力的で将来代表する型として持っていたいと思いました。